クロスバイクのメンテナンスにつかう工具は TOPEAK MINI 6 L があれば充分です。

工具

日々自転車に乗るにあたって、工具を使ったメンテナンスが必要になる。いろいろと工具を買ってはみたものの、結局これしか使わないという一番利用頻度の高い優れものがある。

topeak mini6 L そもそも携帯用の工具として購入する人がほとんどだと思うがその精度の良さから普通に毎回のメンテナンスで使わざるを得ないのである。

100均の六角レンチでじゅうぶんという人もいるけれど、使うとその精度の違いがわかります。

これが無ければ私の自転車通勤は成立しないのだ。

スペック

シンプルに6個の工具が付いていて折りたたんでコンパクトに持ち運べる。

六角レンチ:2,3,4,5,6mm

スポーツバイクにおける六角レンチの使用頻度の高い物は4,5,6mmといわれる。我が愛車escape r3において一番使うサイズは、5mm。このサイズがあれば日常的なメンテナンスは全部できてしまう。

精度も良く、なめる心配もなくしっかりと力をかけて締めることが出来る。

プラスドライバー

主にvブレーキの調整ボルトやディレィラーの調整ボルトなどにプラスドライバーを使用する。使用頻度は高い。

精度も良くなめる心配はない。

サイズ:L66×W28×H18mm

かなり小さい、スペースを取らず持ち運びにとてもよい。小さいリングが付いているのでキーホルダーなどにも引っ掛けることが出来る。

ポケットに入れるのも小さいから楽。

重さ

73g  持つと意外とずっしり感はある。しかしドライバーや長い六角を別々で携帯するよりは明らかに軽量である。

アルミ合金 押出し成形ボディ、硬化スチール

精度は良い。安くて精度の悪い物だとなめたり、かっちり嚙み合わず、シッカリと締めることが出来ないので、この点で工具としてとても信頼できる。

これが一番重要なポイント。

アルミ合金ボディを長くして、力を入れやすくした6機能ミニツール

ボディの長さが絶妙で力がいれやすい。

ツールを広げて握る部分を増やして力を入れやすくすることが出来るのだ。

使いやすさをよく考えてある。

クロスバイクで工具が必要な場所

ほとんどの個所は5mmです。ディレイラーやブレーキシューの調整ボルトにプラスドライバーが必要になる。

ブレーキアーム周り

ブレーキシュー交換が一番頻繁に行う作業である。5mmの六角レンチとプラスドライバーがあれば事足りる

ハンドル周り

ハンドル周りは5mmの六角で全部できます。ハンドルの高さ調整やハンドルバーをカットする際にブレーキアームを取り外すときに使用します。

高さ調整も最初に良い位置が決まればほとんどいじることはない。ブレーキアームの部分はブレーキワイヤーやシフトワイヤーを交換するときに六角レンチで外します。

シート

シートの位置調整とシートを別の物に付け替える時に6mmの六角を使用します。

ディレイラー周り

ディレイラーの取り外しと調整の時にプラスドライバー使用とディレイラーの取り外しとシフトワイヤーの取り外しに5mmの六角レンチを使用

クランク

小さい4つの穴は6mmの六角レンチ、真ん中の大きなところは6mmより大きな六角レンチが必要なのでmini6では対応できません。この部分はかなり力が必要な部分なのでしっかりとした六角レンチを使った方が無難です。

基本的に力が必要な個所は大きなミリ数が必要になっているということです。

ドリンクホルダー フロントディレイラー

ドリンクホルダーを留めるボルトは4mm、下の方のフロントディレイラーの取り外し部分は5mm。

使用する場面

一番多いのはブレーキシューの交換とその後のブレーキシューのクリアランスの微調整での使用が特に多い。その日にしっかり調整できたと思っても翌日乗ってみると片効きだったりすることもあるので。ブレーキシューの交換をした翌日などはポケットに突っ込んで出発すれば問題がある場合はパッと取り出してすぐに作業できます。

通勤先が20kmあって目的地周辺が公共交通機関がすぐに探せないようなところに行くときはパンクしたら一巻の終わりなので、チューブ、タイヤレバー、mini6をカバンに突っ込んで出かけます。(escape r3 はスキュワーナットなので六角が必要)小さく場所を取らないので携帯性は間違いない。

まとめ

工具箱には長い六角レンチのセットやドライバー各種などいろいろと眠っているが、これを買ってからこれしか使っていない。

通勤で毎日のように自転車に乗るけれど実際に工具を使うタイミングはブレーキシューを交換するときに使う頻度が一番多い、使うのは5mmの六角レンチとプラスドライバーのみなので、mini6 さえ持っていれば事足りてしまう。

自転車のみならず日常生活でプラスドライバーは使う場面も多々あるがそんな時にももちろん使える便利ものである。

コグロー
コグロー

移動時のお守りのためのツールには最高だし、メインの工具として使える精度があるので結局これしか使わない、ほかの工具たちの出番は一切なくなってしまうほど優秀なのである。

工具
スポンサーリンク
シェアする
自転車通勤 研究室
タイトルとURLをコピーしました